葉酸を摂取するとどんなメリットがあるの?

葉酸というと「妊娠したい人・妊婦さんが飲むサプリ」と広く認識されていますが、実は妊娠にかかわらず私たちにとって欠かせない栄養素のひとつなんです。妊婦さんに限らず高齢者や男性も摂取するといいんですよ。

そこで今回は葉酸を摂取することで得られるメリットについて説明していきたいと思います。

葉酸は妊活以外でも大活躍の栄養素

「胎児の先天性異常のリスクを下げる」として、葉酸は妊活に欠かせない栄養素して知られています。

が、葉酸は「血をつくるビタミン」としても有名です。具体的にいうなら血赤血球の合成する栄養素。でも、それ以外にも以下の効果が期待できます。

  • 細胞をつくる素
  • コレステロールを低下させる
  • 生活習慣病の予防
  • 認知症の予防
  • 精神を安定させる

私たちの体は毎日、細胞分裂を繰り返すことで生命を維持しています。この細胞分裂の素になっているのが実は葉酸。葉酸が不足してしまうと細胞分裂にミスが起こり、悪性の貧血(もっとひどいとガン)を起こしてしまいます。

葉酸を十分に摂取することで細胞分裂が滞りなく行われ、新陳代謝が活性化したり免疫力がアップします。細胞だけでなく、粘膜・皮膚の強化にも葉酸は関係しているため、肌荒れやシミ・抜け毛・ささくれなども葉酸不足が原因。

また、女性なら健康な卵子をつくることも。これは男性にも言えることで、葉酸を摂取することで健康な精子を作り、妊娠時の染色体異常の予防に効果があります。

さらに、葉酸はコレステロール値を下げる働きがあることでも知られています。血中にホモシステイン(アミノ酸)を低減する働きがあるため、心筋梗塞・動脈硬化を防ぐことができます。

前述の通り、葉酸が胎児の先天性異常のリスクを低下させることは有名ですが、胎児や新生児期の栄養状態が将来の成人病リスクの7割を左右すると言われており、大人になってからの病気予防にも一役買っています。

葉酸には神経や脳の機能をサポートする働きがあるため、高齢者に起こるアルツハイマーなどの認知症にも効果があるとして、注目されています。

また、葉酸には乱れたホルモンバランスを整えたり、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進する働きがあります。妊娠中はなにかと落ち込みやすいものですが、うつ改善にも利用される葉酸を摂ることは意味があります。

葉酸を摂るならビタミンB12も一緒に

ただし、葉酸だけを意欲的に摂取するより、ビタミンB12と併せて摂取するのがオススメ。ビタミンB12も「血をつくるビタミン」の役割をもち、どちらかが不足してしまうと赤血球の生成に影響がでます。

ビタミンB12が不足していると、末梢神経に傷がついても満足に修復されず疲労物質がたまりやすくなります。張り・凝りが起こる原因となります。主に貝類・レバー・魚に含まれています。

葉酸もビタミンB12も食事から摂取することができますが、葉酸は熱に弱いため火を通すと30〜40%の成分を消失してしまうので注意が必要です。生のまま食べるか、煮込んだスープごと飲めるものがオススメ。

栄養素のことばかり考えられないって人は「葉酸+α」の成分が配合されたサプリメントで摂取するのも良いでしょう。気軽に欲しい栄養素を効率良く摂ることができますよ。